井戸掘り業者に依頼をして水を確保する|地震に対する意識が向上

井戸

地震に備えられる

作業員

地盤調査は事前に建物を建設しても安全か確認することが出来るもので、事前に確認しておけば耐震工事の際もスムーズに進めることが出来ます。安心な住まいのためにも欠かすことが出来ないといえるでしょう。

調査にも種類がある

作業員

現在、住宅を建てる際に用いられている地盤調査の方法で、もっとも一般的なのが、スウェーデン式サウンディング試験です。また最近は電動化が進んでいるので今後は作業効率も良くなると予測されます。

価格を知っておく

ヘルメット

地盤調査を専門業者に依頼する場合、業者によって価格は違ってくるのですが種類によっても異なってきます。また、最近は昔よりもリーズナブルとなっているので気軽に依頼をすることが出来るでしょう。

しっかりと調べる

案内

上物だけ頑丈で良いのか

マイホームを検討する時、つい目が行ってしまうのが建物の間取りや外観です。どのような家にしようかと夢が広がり、パンフレットを見たり壁紙のサンプルを見たり、楽しい時間を過ごす事になるでしょう。しかしマイホームを建てる時に、まず行う事として地盤調査があるのではないでしょうか。日本は地震大国なのでいつ地震に見舞われるかは誰にもわかりません。なので地盤の強度を調べ、対策を立てる事が被害を抑える事に繋がるのです。地盤調査と言っても様々な方法がありますが、一般的な住宅を建築するのであれば大体十万円前後で地盤調査をして貰えます。地層ががどのような構造になっているのかを調べて、強度が低い様であれば地盤改良を行います。

どのような方法で調べるのか

最近ではマイホームを建てるために地盤調査をする人は多くなっています。やはり、地震に対する意識が向上しているからでしょう。では、どのような地盤であれば安心できるのでしょうか。地盤調査の代表的なものとしてボーリング調査があります。一定の負荷を掛けながら地面を掘り進めます。この時、岩盤などに当たれば強度の高い地盤と判断されます。しかしこの方法はコストが高くなりますので、大きな建物の建築などで利用される事が多い工法と言えます。一軒家などの地盤調査に利用されるのはスウエーデン式サウンディング法が多い様です。キリ状の器具を地面に押し込んで行き、地盤の強度を調べて行きます。ボーリング工法のよりも簡易な調査ですが、強度の測定結果から地盤改良の方法を決めるのに役立ちます。また、少しでもスペースがあるのであれば井戸を設置すると良いでしょう。井戸掘りを行なってもらい、水が出ないと意味がないのですが井戸があれば万一に備えることが出来ます。例えば、地震などの災害が起きた場合に水の配給がストップしてしまうことがあります。スーパーなどで水を購入しようにも多くの人が利用するので購入出来ないという状態に陥ってしまうので、早めの内に井戸掘りを依頼して水を確保しておくと良いでしょう。